ヘドウィグアンドアングリーインチ


f:id:asagi_00a4ac:20220305081440j:image

2月25日、ZeppNagoya。

まるやまさん主演の「ヘドウィグアンドアングリーインチ」観に行きました。

結論:「最高だ!!!!」

ベルリンの壁を超えるために性転換をしたヘドウィグに残ったアングリーインチ。

自分のカタワレを求めるヘドウィグが切なくて愛しくてぐっと入り込んでしまいました。

まるやまさんの歌声がねー、もうたまらなくよい(知ってる)。そして脚!きゅっとしてた!

いびつさも含めてヘドウィグがキュートなんだよね。なので、どんどん惹かれてしまう。

「Wig In A Box」のヘドウィグがかわいすぎて泣いてしまったくらい笑。

さとうほなみさん演じるイツハクは、どんな気持ちでヘドウィグのそばにいたんだろう。

全編すごいカッコイイ曲で、2倍のおいしさ。コロナ禍でなければ、声を出して立ち上がりたい気持ちでいっぱいでした。

10日たった今でも脳内で反芻してうおおおおおってなってる。観ることができて本当によかった!ありがとう!!!

そして、まるやまさんの好きに上限がなくて困った。どこまでもどんどん好きになってしまうね。

円盤を・・・それが無理ならサントラを・・・!

再演もして欲しいなぁと欲張りなオタクは思ってます。

 

年いちのペース

お友達のインスタで、久しぶりにこのブログを思い出したので、最近のことをつらつらと。

えーっと、去年は1回しかライブに行けませんでした。

6月にBLカフェの大地くんのみ。

去年だよね・・・確か。そんな感じ。

今年は1月にガイシのエイト(3回)。うん、少しずつ行けるようになるといいな。

コロナのせいで職場的にはまだ県外をまたいだ移動をしにくい状況ではあるので、地元でひっそりと生きてます。

今月末に予定の舞台が無事に上演されますようひに、毎日水回りをキレイにして、日々祈るだけです。

「うるう」

年の瀬のまったりした時間に、この間ブルーレイで買った賢太郎さんの「うるう」を見ました。

ちなみに今回のうるうの公演は観られなかったです。平日しかも豊橋…!無理。

 

小林賢太郎演劇作品『うるう』Blu-ray

小林賢太郎演劇作品『うるう』Blu-ray

  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: Blu-ray
 

 8年前、4年前と少しずつ演出は変わっています。

贅沢をいえば初演版を観たい…!これはおそらく、最初に観た衝撃をいつまでもちゅうちゅうと思い出のように吸って味わっている私の単なる感傷からくる感情。

それでも、こうやって円盤にして販売してくれてありがとうございます。

大好きです。

もう舞台の賢太郎さんを観ることができないのは寂しい。

秋になって突然わきあがった感情


f:id:asagi_00a4ac:20201012081043j:image

今日のiPodはいつぞやのGDHMのツアーのセトリ。

コロナだったり、家庭の事情で(簡単に言うと夫の単身赴任が終わって帰ってきたんだけど)なかなか遠征できなくなったりで、ぐっとライブに行けなくなって、まあこれはこれで仕方ないかと思っていたのだけど、やはり寂しい。

足が疲れても寝不足になってもいいから、配信でないライブに行きたい。